ホームメイトFC福岡薬院店 株式会社アールイー

RSS 2.0
  • 小
  • 中
  • 大

お知らせ


8/10  月曜日



こんばんは絵文字:笑顔絵文字:上向き矢印



おそらく明日あたりまで仕事で12〜16までお休みの所が多いのですかね絵文字:桜



当店も12日より15日までがお休みであり、16日より営業再開します




お盆休みが終わった後は皆様よりのお問い合わせなどドシドシお待ち致しておりますヽ(^o^)丿絵文字:ピカピカ



さて今日はお盆って何?というクエスチョンに絵文字:ピカピカ


仏教用語の「盂蘭盆」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。



中華文化では道教を中心として旧暦の七月を「鬼月」とする慣習がある。旧暦の七月朔日に地獄の蓋が開き、七月十五日の中元節には地獄の蓋が閉じるという考え方は道教の影響を受けていると考えられる。台湾や香港、華南を中心に現在でも中元節は先祖崇拝の行事として盛大に祝われている。



盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。日本では8世紀ごろには、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。地方や、佛教の宗派により行事の形態は異なる。


また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆と呼ばれ、(天道)大日如来のお盆は大日盆といわれる。


お盆は成句(イディオム)して使われることもある。「盆暮れ(ぼんくれ)」などと時季を指す言葉としての使用や、「盆と正月が一緒に来たよう」という"とても忙しいこと"または"喜ばしいことが重なること"のたとえ(慣用句)としての使用がそれである。



素晴らしい勉強になりました(*^_^*)☆☆(笑)


募集終了:当物件の入居募集は終了しました。ありがとうございました。

前へ メインページへ戻る 次へ

▲このページのトップへ

ホームメイトFC福岡薬院店 株式会社アールイースタッフによる、お部屋探しの賃貸ブログ「ホームメイトブログ」。ホームメイトFC福岡薬院店 株式会社アールイーが担当するエリアの地域情報から、アパート・賃貸マンションの部屋探し情報まで、様々な情報をブログから発信しています。 賃貸ブログでは、「賃貸のホームメイトをもっと身近に感じてもらいたい!賃貸のホームメイトをもっと好きになってほしい!」という想いで、ホームメイトFC福岡薬院店 株式会社アールイースタッフがブログを鋭意更新中。ぜひ、ホームメイトFC福岡薬院店 株式会社アールイーの賃貸ブログをのぞいてみて下さい!